以前の脱毛は、「ニードル法」という針によって毛穴を刺

以前の脱毛は、「ニードル法」という針によって毛穴を刺激するものなど、痛いと感じるものが多くありました。
しかし、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」というものです。人によりますが、フラッシュ脱毛であれば少しちくっとする程度で、それほど痛いとは感じません。ただし、Vラインなどの毛が濃い部分は少し痛みが強くなるでしょう。脱毛サロンに行ったからって、すぐ効果が現れるとは限らないのです。毛には「毛周期」といわれている、毛が生え変わる一定の周期が存在します。
これに合わせて毛を抜かないと、完全に余計なアンダーヘア無しにはならないのです。
つまり、一回の脱毛でずっと毛が生えてこなくなることはなく、少なくとも3カ月以上はかかります。
脱毛エステの解約を申し出る場合、解約損料や違約金などといわれる金額を支払わなければなりません。
この解約料などは金額のMAXが決められていますが、現実にいくら支払う必要があるのかは、通っているお店に、確認することが重要です。
後々後悔しないように、契約の前に途中での解約中止についても聞いておく必要があります。ついにサロンで脱毛することを決めたならば、エステの口コミなどを読んで、情報収集することをオススメします。脱毛エステで受けられる施術はお店により異なり、他と全く同じサービスをするエステというのはありません。お互いの好き嫌いもありますし、よく考えて決めることが大切です。エステ、サロン、クリニックの中から、脱毛ができる所を選んで、自分の希望に見合ったサービスを受けられるのはどれかで、ふるいにかけていき、具体的にお店を選ぶのはその後にするのがよいでしょう。体験コースを受けるだけのつもりで脱毛エステのお店に行っても、絶対に勧誘されてしまう、と思っている人は大勢いるかもしれません。でも、実際のところとしては、近年、勧誘という行為が一切禁止されているお店も増えてきています。
勧誘されたり頼まれると言うことを聞いてしまうかもしれないと思っている人は勧誘禁止を掲げるお店を選ぶのが無難かもしれないですね。ただ、お店の用意する体験コースなどを受けに行く場合についていえば、勧誘行為があるだろうということを考えておくのが無難でしょう。この頃の脱毛サロンの多くは、新規の契約を増やす目的で破格の料金で体験キャンペーンを行っています。こういった体験キャンペーンの合わせ技で、脱毛を安価で済ませてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と言い表します。
確かに脱毛サロンの掛け持ちはリーズナブルですが、複数の脱毛サロンのカウンセリングを受けなくてはいけないのは、手間だと感じる人もいるでしょう。
一般的に言えることですが、脱毛エステも名前のよく通っている大手のお店の方が満アンダーヘア度が後悔を上回る、そこそこ満アンダーヘアしていると感じる人が多いようです。
小・中規模のお店については、一番気になるエステティシャンのスキルが、満アンダーヘアのいくものではなかったり、接客の仕方が大変適当だと感じるようなこともあり、不満が溜まることがあります。
大手のお店の方がはるかにスタッフの教育がされていて技術も接客態度も高いレベルにありますし、何かトラブルが起こった時の対応の仕方なども安心できるものだといえるでしょう。
デリケートゾーンを脱毛サロンで脱毛してみたら、キレイな仕上がりだったし、肌トラブルが起きにくいと言われています。
ただ、どこの脱毛サロンでもデリケートゾーンの脱毛は対応できない所もあるのでホームページなどで確認したほうがいいでしょう。デリケートゾーンの脱毛を恥ずかしがる方も少なくないですが、女性のスタッフが行いますし、プロが行う方が安全です。
脱毛エステにどれくらいの期間がいるのかというと、施術を2から3か月に1回のペースで満アンダーヘアでいるまですることになるので、人によって変わってきます。
もしも施術が6回で満アンダーヘアがいけば、おおよそ1年から1年半ぐらいの期間です。
一般的には、一箇所で12回ぐらいする必要がありますから、大体2年半ぐらいは通うことになるでしょう。毛周期に合わせる必要があるので、悲しいですが月一のペースで受けてもあまり結果に結びつかないのです。脱毛エステを選ぼうとする際のポイントは、料金がわかりやすくなっているというのが最重要ポイントです。
プラス、肝心の脱毛化について納得がいって、アフターケアの有無についても大事な所です。そして体験コースなどのサービスを受けてみたりして、実際の雰囲気を知っておくことも必要なことの一つです。
目星を付けたいくつかのお店で体験コースを受けて、ここに通いたい、ここが一番いい、と思ったところを選ぶというのがいいでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ